2011年10月

中坊!?

先週とにかく忙しかった。
木曜日に終電近くの電車に乗り買い物を済ませ家に帰る途中・・・
後ろすぐ側に気配を感じ振り向くと自転車に乗った中学生ぐらいの子がいた。
ぶつかっていてもおかしくないぐらいの距離で、
とっさに「危ないでしょ!」と声が出ていた。

十字路であたしはそのまま真っすぐに進むが、そこ子は左へ曲がっていったが、
自転車を止めこちらを見ていたので、あたしが見つめ返すと走り出したので、
あたしも歩き出したが、何か変だ!!! と思った。

それで振り向くと曲がっていったはずの子が戻ってあたしの進行方向反対側へ走っている。
この道路は住宅街にあるが広めで、ぶつかってくるなんてありえないし、
真夜中に中学生がいること自体が変!!! 

もしかしてあたしのカバンを引ったくろうとしたのか?
考えれば考えるほどそうとしか思えない!
音楽を聴きながら歩いていたので自転車の音は聞こえなかった・・・。
カバン側に少年はいた。

で、盗ろうと思ったら急に振り向かれてビックリしたんだ。
それもイヤホーンで音楽を聴いているあたしの
「危ないでしょ!」はきっと大きな声だったに違いない!

家に戻りまだバイトから戻っていない娘にメールした。
「自転車に乗った中坊に注意! カバン盗られそうだった」と。

するとしばらくして娘から電話「どういう状況?」というので
説明を始めると「おまわりさんに代わるから話して」という!
「えっ? えっ?」と言っている間に
「◯◯派出所の◯◯と申します!」おいおい娘よ・・・
と思いつつも状況を説明し始めた・・・。

「たぶん引ったくりだと思いますが、違う可能性もあります。」というので
「いえ、あの中坊は盗ろうとしていましたよ。
偶然にぶつかって驚いた目ではありませんでしたよ。」
と言いつつも「娘がこんなことですみません」と言うと
「いえいえ、最近増えているんですよ。地域の派出所に知らせておきます!」
と、言って人相も聴かれたので「いがくり頭の中坊です」と言った。

その電話のあと娘がすぐに戻ってきた。おまわりさんに言うほどでもというと
「ダメだよ! こんなことでも言っておいた方がいいんだよ」と言う。
派出所に行ったの? と聞くと、
バイト友だちと自転車でそのことで話しながら帰宅途中、
あたしに電話しようとしたら、
おまわりさんが “悪い子みつけた” みたいな顔してライトを娘にあて
「こらこら自転車乗りながら電話しない」と注意されたらしい。

「すみませ~ん」と謝ったが、ちょうどいいと思ったらしく呼び止めたらしい。
あたしとの電話が終わる頃、男の子が2人乗りでやってきて
おまわりさんが止めたらしい。すると後部席にいがくり頭の男の子だったので
娘が「あっ!」と声がでたらしいが中学生ではなく高校生だった。
あたしが出会った中学生ではなかったみたい。

「あなた注意しなさいよ」と娘がいう。
結構警戒心は持って歩いているのでカバンはしっかり押さえて歩く癖がある。
なので「大丈夫だよ!」と言うと「大丈夫じゃない!」と怒られた。

後から考えるとおまわりさんと話しているとき、
中学生のことをず~と中坊と言っていたことを思い出した・・・。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。